無病息災を祈願

赤ちゃんの健康を願う

赤ちゃんが誕生すると、お七夜やお宮参りなどたくさんの行事があります。前記の儀式は、初めて親族に名前をお披露目したり、その土地の氏神様に子どもが誕生したことを報告するといった深い意味があり、昔からの伝統儀式として今日にも受け継がれています。その中でも、誕生から100日目に行うのが百日祝いです。百日祝いとは、お食い初めとも呼ばれており、「健康な歯が生えて、食べ物に一生困りませんように」との願いを込めながら、お食い初め膳を食べさせる真似をする儀式です。
お食い初め前には、鯛、煮物、あさりの汁物、赤飯、香の物、歯がための石を揃えることが一般的で、地方によってはその内容も多少変わってきます。お食い初め方法は、食べ物それぞれを1回ずつ赤ちゃんの口元に持って行き
、食べさせる振りをし、その合間に歯がための石に箸をちょんとつけ、その箸を赤ちゃんの歯茎や唇にあてる、といったことを行います。そのセットを3回繰り返して行うのが良いとされ、丈夫な歯と食に困らないようにという願いを込めながら行います。
一通りの儀式が終わった後は、夫婦や親族で残りの料理を美味しくいただき、赤ちゃんの健康を願いながら楽しい時間とする方が多いようです。

百日祝いの献立

皆さんは、百日祝いというものをご存知でしょうか?赤ちゃんがいらっしゃる方は、ご存知かもしれませんが、百日祝いというのは、生後100日あたりになった赤ちゃんに行う日本の伝統的なお祝い事の1つです。そのため、赤ちゃんが生まれてから2ヶ月も経つと、百日祝いの準備に取りかかろうと考える人も多いです。しかし、初めてであれば特にですが、百日祝いをする上で準備しなければいけないものや、やり方などがよく分からないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、初心者の方にも分かるように百日祝いについて書いていきたいと思います。まず、百日祝いですが一般的には生後100日頃に行うことが多いと言いましたが、中には、110日頃や120日頃などに行うという地域もあり地域によって行う日が違っていたりする場合があります。
なので、準備を始める前に決まり事や注意点を祖父母に聞いておくのが安心です。そして準備するものとしては、子どもが一生食べ物に困らずに生活できるように。という意味を込めて、食事と食器、歯固めの石があります。食事の献立としては、鯛などの魚料理、飯椀、焚きもの、お吸い物、香の物などの一汁三菜をベースとした祝い膳を用意するのが一般的です。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
新しい家族を祝う文化を更新。
2017年08月25日
スマートな儀式をするための覚え事を更新。
2017年08月25日
無病息災を祈願を更新。
2017年08月25日
行事の意味を深く知るを更新。

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930