新しい家族を祝う文化

家族みんなでお祝い

赤ちゃんが生まれ、百日目にお祝いをする、しきたりです。ひゃくにち祝いと、よく言われますが、正式には、ももか祝いと呼びます。日本では、よくお食い初めと言われることが多いですね。百日祝いには、一生この子が食べものに困らずに生きていけますように…との願いが込められています。食事のメニューは和食の基本で、一汁三菜を準備します。お魚(タイ)の塩焼きや、焚きもの、お赤飯、お吸い物、それと、歯固めの石などが基本です。
赤ちゃんには、まだ歯がありませんので、もちろん食べさせるフリだけになりますが、食べさせる順番も一応決まっており、ご飯→汁→ご飯→魚→ご飯→汁を1サイクル、それを3サイクル、ちょっとずつ食べさせるフリをして、最後に歯固めの石を舐めさせます。また、赤ちゃんが男の子の場合は、男性が、女の子の場合は、女性が食べさせるのが主流です。
ご家族でお祝いされる場合は、その家の1番お年の上のおじいちゃんや、おばあちゃんに食べさせてもらうと良いでしょう。最年長の方に食べさせてもらうのも、ちゃんと意味があって、長生きできますように…。という願いが込められています。赤ちゃんが生まれて初めての儀式になるでしょうし、ご家族みなさんでお祝いしてあげたいですね。

平安時代から行われている伝統行事

生後100日後の赤ちゃんの為に行う伝統行事を百日祝いと言います。この百日祝いは平安時代から行われており、日本の由緒正しき伝統行事の1つです。百日祝いとは赤ちゃんの為に、料理を用意し、それを食べさせる行事です。食べさせると言っても生後100日だと、まだミルクしか飲めないので実際には食べさせるフリを行います。
由来としては赤ちゃんが今後食べ物に困らずに生活していけますようにと願いが込められています。昔、餓死や飢えが多かった貧困な日本ならではの、風習かもしれません。百日祝いは両家の祖父母から食器と石を3つ用意してもらいます。それにもちゃんと意味があり、石のように固い丈夫な歯が生えてきますようにという意味が込められています。石に決まりは無く、神社の境内や河原などから拾ってきたものを使用しても構いません。
しかし、食べ物と一緒に入れるので煮沸消毒は必須です。また食器も男女で準備するものが異なっており、男子には金か黒漆で男紋、女子には銀で女紋を入れてもらい、男女ともに両面とも赤い漆器が主流です。箸は両端が補足なっている祝い箸を使用します。百日祝いでは献立も決まっており、一汁三菜が基本です。料理にそれぞれ意味が込められ、全て赤ちゃんの健康や将来を願ったものが由来となっています。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
新しい家族を祝う文化を更新。
2017年08月25日
スマートな儀式をするための覚え事を更新。
2017年08月25日
無病息災を祈願を更新。
2017年08月25日
行事の意味を深く知るを更新。

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031